フレッシュフルーツ青汁はダイエットに効果ある?クチコミを調査

フレッシュフルーツ青汁のダイエット効果が出る理由は?

フレッシュフルーツ青汁

 

 

 

フレッシュフルーツ青汁のダイエット効果が出る理由は、3つあります。

  1. 厳選した3種類の野菜で偏りがちな栄養をサポート
  2. 生きたまま届く100億個の乳酸菌
  3. 驚きの低カロリー

 

厳選した3種類の野菜で偏りがちな栄養をサポート

フレッシュフルーツ青汁のダイエット効果が出る理由の1つ目は、フレッシュフルーツ青汁は厳選した3種類の野菜で偏りがちな栄養をサポートしてくれることです。

 

 

 

厳選した3種類の野菜とは、大麦若葉、鹿児島産明日葉、クマザサです。この3種類の野菜を使うことで、従来の青汁に使われていた「ケール」の栄養価を損なわずに、苦さや青臭さといった「青汁特有の飲みにくさ」を最小限に抑えることに成功しました。

 

大麦若葉

大麦若葉には食物繊維がキャベツの約10倍、ビタミンCがみかんの4倍、鉄分が小松菜の20倍、ビタミンEがニンジンの約10倍含まれており「緑黄色野菜の王様」と呼ばれます。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

明日葉

明日葉の葉や茎を切ると出てくる黄色い汁に、ポリフェノールの1種の「カルコン」が含まれており、カルコンには抗菌、抗酸化、抗炎症性作用があります。
血栓ができるのを抑えたり、内臓脂肪を解消する作用があるので、明日葉は脂っこい食事が好きな人には特におススメの野菜です。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

クマザサ

クマイザサは、殺菌作用が強く、昔から保存食に利用されてきました。必須アミノ酸が多くく含まれ、筋肉の強化や自然治癒力を強化します。またササ多糖体が腸内環境を整え、NK細胞活性促進させたり腸内ビフィズス菌増加させることによりにより免疫力を高めます。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

この3つの野菜のほかに、健康や美容に良いと言われている、ブドウ、ビルベリー、イチゴ、パイナップル、バナナ、オレンジなどの果物やニンジン、小麦麦芽、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、にんにくなど野菜をギュッと濃縮し、青汁でありながらフルーツジュースのような美味さも実現できたのです。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

 

生きたまま届く100億個の乳酸菌

フレッシュフルーツ青汁には有胞子乳酸菌という胃酸や熱に強い乳酸菌が2種類含まれています。
100億個の乳酸菌が生きたまま届いて腸内環境を整えます。

 

腸内環境

 

腸内環境が整っていると、太りにくくなり、便通がスムーズになり、吹き出物などの肌トラブルも落ち着きます。
腸内環境を整えるためには多くの善玉菌を必要としますが、善玉菌を育てるには酵素が大量に必要になります。

 

 

フレッシュフルーツ青汁には112種類の生きた酵素が含まれていて、腸内環境を整えるサポートをします。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

 

驚きの低カロリー

フレッシュフルーツ青汁は栄養が豊富に含まれているにもかかわらず、なんと11.91キロカロリーと驚きの低カロリー。
フレッシュフルーツ青汁を1食と置き換えることで1日の摂取カロリーを約900キロカロリーも抑えることができるのです。

 

1次的なダイエットだとすぐにリバウンドしてしまいます。フレッシュフルーツ青汁を1日の食事量の制限にうまく取り入れて、無理なく、長く続けていきましょう。

 

フレッシュフルーツ青汁

 

 

 

 

 


page top